4739486

石津忠の堕落日記
Part1


8月30日(日)

そんな訳で帰ってきた当日に朝5時までゲーセンで遊んでいれば起きるのは当然昼過ぎである。しかし一緒に遊んでたクレイモア氏と京本氏はちゃんと朝8時半に起きてTVを見ていたそうな。さすがだ。

で、昼からは大須である。2ヶ月間満たしたくても満たせなかった”オタク物欲”を満たしまくる。やれ”ドルフィン山本”だ、やれ”GoodWillUsed”だ、やれ”三洋堂Σ”だ、やれ”紅葉屋”だ、やれ”早川書店”だ(名古屋人でも難しいネタがつづいとるな)。といった感じで一気にうん万円を使ってしまう。なるほど。日本で普通に暮らしてて金が貯まらんわけだ。


8月31日(月)

さて会社である。アメリカから帰ってきてしばらくはのんびり名古屋で……と思っていた矢先に

「明日川崎に行ってくれ」

ぐれるぞ、おい。


9月1日(火)

気がつけば川崎。なんかなぁ。

でも、まぁ日帰りだしいいか。

で、気がつけば宿泊。

かんべんしてくれやおい。


9月2日(水)

そんな訳で朝一で名古屋にもどる。川崎でかなりガタがきていたかばんがついに壊れる。結構長い間愛用した2980円のかばんだったがここでわかれをつげる。ちなみに新しいかばんは税抜き1万6000円である。金銭感覚がおかしくなっているようだ。

そんな訳で昼頃に会社に到着。

「明日から沼津ね。」

本気でぐれるぞ。おい。


9月3日(木)

そんな訳で沼津。えらい山の中に行く。なに考えてこんなとこに工場作ったのやら。
で、また障害との戦いが始まる。ホテルに着いたのは23時。

倒れそうである。


9月4日(金)

沼津での闘い。

戦いは長引きそうである。
という訳で月曜日に再び沼津に戻る約束を交わし名古屋に帰る。

泣きながら、新幹線の中で鯖寿司でビールを飲んで名古屋に帰る。

で、家に帰り、ちこ先生のところに電話する。アメリカにいる間に頼んでおいた「BLACK/MATRIX」と「Hello!PC!」と「日経WinPC」
を引き取るためだ。で、話をしていると私以上に忙しいちこ先生が明日は珍しく空いているそうな。その言葉を聞いた瞬間私の頭にある欲望が生まれた。


9月5日(土)

そんな訳で昼すぎにちこ先生に家に来てもらう。例のブツを受け取った後、昨日私の頭に生まれた欲望を満たすために移動をする。

目的地は大須。

目的は「自作PC」である。

完全に金銭感覚がおかしくなっているな。

と、いうわけでもなく、本来夏頃に作ろうと考えていたのだが、アメリカで作るわけにも行かなかったのでどうしようかと考えていたので、ある意味自然な流れでもある。

で、夏前に考えていた基本構成は

「Soket7、AMD-K2、100Mhz駆動」

というものであった。

が、なんでも私が向うに行っている間に

「今時代はCelleron。」

と言う事になっているようである。そう。知ってる人は知っているオーバークロックのやりやすさがマニアに異常な人気を示しているらしい。
ぜんぜん知らんかった。完全に浦島太郎状態である。
で、将来性の事も考えてとりあえずつなぎで

「Slot1、Celleron、100Mhz対応メモリ」

と言う事になった。最初は安全を考えてベース66MHzの266Mhz駆動だが、そのうちオーバークロックという禁断の世界に足を踏み入れてしまいそうな予感。

そんな訳でCPUは決まった。で、マザーは良く分からないのでちこ先生に決めてもらった。Epoxとか言うとこのやつのようだ。で、その他のパーツだがビデオボードはいまのマシンについてる「Millenium2」を流用する事に。
基本的に3Dはパソコンでやってもなぁと考えているので。どーせドリームキャスト買うんだし。
でも、VRAM8Mは欲しいし、そのうちG200買おうかな。でも、MatoroxはBM98と相性わるそうなんだよなぁ。

ともかく、そうなるとあとはHD、CD-ROM、キーボード、マウス、LANカード、サウンドカード、そしてケースぐらいである。

で、ここでこだわりを持ったのがキーボード、マウス、そしてケースである。

そんな訳で購入品目。これ、とこれ、とこれである。すでにマウスではないが。

で、これらを家に運ぶ。もんだいはこいつである。なんと電車で来てしまったので手持ちで運ぶしかない。
で、私は体力がないので極悪な事になんとちこ先生に運ばせるという鬼のような行為に出る。運んでくれたちこ先生。重ね重ねすいません。

そんなわけで家に持ち帰り組み始める。組むのは割とスムーズに行き(といってもちこ先生にほとんどやってもらってしまったような気がするが)、電源は入った。が、相変わらず「Millenium2」のドライバインストールが上手くいかない。最初に今のコンパックにつけたときも苦労したもんなぁ。

で、何とか成功したが、今度はLANである。うーむ。これもBiblo買ったときにめちゃめちゃ苦労したしなぁ……といっても、あれはCOMPAQのネットワークへのログイン画面を出すのに苦労したせいなのだが。なんせCOMPAQのログイン画面はこれである。なんじゃこりゃ。

で、なんとかネットワークにもログインできるようになり、構成としてはほぼ完成した。そんなわけでBM98をする。やはりMIlleniumが悪さをしているようで、テンポを狂わしている。うーん。やはりBM98をやるのは今の段階ではBIBLOが一番あっているようだ。キーが小さいのと、スピーカーがへぼなのがなんだが。


9月6日(日)

そんなことをしてるうちに眠りに就いて気がつくと昼過ぎである。でも京本氏とクレイモア氏はちゃんと8時半に起きて見ていたようだ。さすがである。

で、その後みんなと飯を食ったりしているうちにもう夜である。

明日からはまた沼津。”火星人のことわざで指から光線が出る(民明書房刊)”ほどの忙しさである。


9月7日(月)〜9月11日(金)

ずっと沼津。

泣きそうである。


9月12日(土)

昼頃にクレイモア氏と京本氏に起こされて、京本氏のうちへ。
今日は地元の人には有名な瀬戸の瀬戸物祭りなのである。で、いろいろとごちそうになりながら復刻ラガーを飲んだりしてのち、酔い覚ましにゲーセンへ(なぜだ)。

「エスブレイド」にめちゃくちゃはまる。前やったときは弾の見にくさでいまいちかなと思っていたのだが慣れてくるとこれが熱い。たまらない熱さである。

で、気がつくと12時。そこから2ヶ月以上ぶりのカラオケに行く。久々に「やまねこ」が歌えて非常に幸せな気分。その後京本氏のうちに行き何故か「奇面組」を読んでしまう。「ハイスクール」の5巻目まで行ったところでぶっ倒れ寝る。


9月13日(日)

当然起きたのは昼過ぎ。でも京本氏とクレイモア氏は朝8時半に起きて(以下略)。さすがだ。

で、その後クレイモア氏お勧めの「鮎料理屋」に向かう。しかし、瀬戸物祭りの影響で、瀬戸市から出るのにも一苦労。車で数時間。ついたときにはすでにグロッキーであった。

しかし、鮎は絶品。「鮎はまるごとくえ」というサイバラの忠告をもとに頭からばりばり食い、酒をがんがん飲む。

その後酔い覚ましのためゲーセンへ(なぜだ)。またも「エスブレイド」にはまる。5機設定だったので1コインで最終面に。屋敷の中に入ったところが異常ですごい。どうすごいかというと

「自機対メイド500人(推定)」

そんな訳で松坂屋ポル氏は絶対このゲーム出来ないだろうな。

で、帰り着いたのは11時30分すぎ。明日からまた沼津である。ほんとに指から光線が出そうである。


9月14日(月)

気がついたら沼津。

俺は何でこんなところにいるんだ。


9月15日(火)

何でも、今日は敬老の日という事らしい。

つまり。

「老人以外は休むな」

という事らしい。

沼津にて。石津忠。

……だれかたすけて。


9月16日(水)

目が覚めると9時40分。論外に遅刻である。
にしても、起きたときに気がついたのがホテルの目覚ましが「止まっていない」。
つまり無意識に止めたとかいうのではなく、鳴っている事に気づかずに寝つづけていたという事である。思わず笑ってしまう。

ともかく会社へ。怒られるより「大丈夫か?」と心配されてしまう。まぁ、そうかもしれんな。

そんな訳で今日もホテルに着いたのは11時。ねむい。とか考えながらビールを飲んでこの日記を書いている。
なんだかな。


9月17日(木)

朝会社に行く前に朝飯を買いにコンビニへ寄る。雑誌コーナーのところで「日経TRENDY」を買う。なんか「電話ベストバイ」とかいう記事が載ってたからだ。例の漫画の続きのネタになるかなと思って買ったのだが、読みすすめるうちにやはりもう描けない状況になっている事を再認識する。なんせ主役がもう完全に時代遅れの機種になっている状況はいかんともしがたい。「ぶっとびCPU」のようなパソコンなら機能アップも出来ようが、携帯電話では何ともならんし。なんかJ-PHONEになってるし(この時点でタイトルがどうしようもなくなってしまったのだが)。個人的にはPHSと闘わせたりしようかなとかも考えていたのだが(おい)いつのまにか自滅しかかってるし。かといって携帯のほうもNTTドコモのひとり勝ちになりすぎてるし、アメリカの次世代通信方式も一部で始まってるし、「衛星使用」とかいう訳の分からんシステムもやってくるし……

って、ここまで書いて思ったが、はっきり言ってまず設定自体に無理がありすぎだったような気もする。

そんな訳で次回はもうちょっと時間を置いても書き易いネタにする予定。もう世界観とキャラクターはだいぶ前から暖めてあるので、後はネームきって描き始めるだけなのだが。

……頼むから俺に描く時間をくれ。

なんて事を考えながら仕事をする。そーでもしないと正直切れそうである。
で、えー加減限界にきたのでほんとは明日名古屋の事務所に出社予定であったが休む事にした。明日は実はまた私用で移動しなくてはならないのではっきり言ってその前に会社に行っている体力は私にはすでに無い。

そんな訳で新幹線で帰宅。その中でこの文章を書いている。スーツにネクタイ姿なので報告書でも書いているように見られるかもしれない。ちょっとエリートサラリーマンみたいかも。でも、壁紙が「山本るりか」な時点でもうだめだめな感じかもしれない。


9月18日(金)

で、起きたのは昼過ぎである。その後シャワーを浴び床屋に行く。アメリカ行く直前に切ってから伸び放題状態だったのでさすがにこのあたりで切っておかないとまずいだろう。
というのもこれから実家に帰るからである。実は明日高校時代の友人の結婚式なのである。

そうなんだよな。同年代の奴等はもう結婚しても全然おかしくない年なんだよな。私も焦らないといけないのかなぁ。でも名古屋にいるまわりの人間は何故か発売日に「WithYou」や「恋のフローティングマイン」求めて駆けずり回るような人間ばかりだからなぁ。感覚が麻痺してるのかもしれない。

で、名古屋駅に到着すると、富山行き14:40発「ワイドビューひだ」が出た直後であった。仕方ないので次の16:10発の「しらさぎ」に乗っていく事にする。となるとちょっと時間が余るわけだ。仕方ないので名駅近くの「コムテックタワー」に行き「beat mania」に興じる。まだ「3rd」にはなっていなかった。残念。

で、「しらさぎ」に乗り、サッポロ黒ラベル500mlを2本開ける。で、はっと気がつくと米原。座席回転タイムである。これが無かったら「ひだ」より楽なんだけどなぁ。

で、到着後明日いっしょに披露宴に出席する友人達とカラオケボックスに行き余興でやる曲の練習する。歌う曲目はGLAYの「HOWEVER」らしい。さっそく選曲する。

ここで恐るべき事実が発覚。
「ほとんどのメンツがサビ以外歌えない」

急遽曲目を再度選び直す。しかしみんなふざけて訳の分からない曲を入れる。画面が出るたび明日の主役である新郎が片っ端から消していく。まぁ、気持ちはわからなくもない。自分の披露宴で「大ちゃん数え歌」や「おっぱいがいっぱい」なんか歌わせるわけにもいかんだろう。

そんなこんなで曲目はSMAPの「たいせつ」にきまった。よくわかんなかったが、2,3回きけば何とか歌えるぐらいにはなった。まぁいざとなったら口パクでごまかそう。

その後、新郎はさすがに朝早いという事で帰ったが残りのメンツでゲーセンへ。ここでも「beat mania」に興じる。ついでに友人に頼んでUFOキャッチャーで「beat mania」Tシャツをとってもらう。
なんせ私、いまだにUFOキャッチャーで物を取った事の無いど素人である。私がやってたら確実に1万円使っても何もとれなかっただろう。かかった費用+αを渡してTシャツを譲り受ける。
「あ、どうも。」などといっているが心の中はバラ色である。

で、その後帰宅。家に着いたのはAM4:00であった。

……明日の披露宴ぶっちしようかな。


9月19日(土)

そういう訳にも行かず、朝起こされる。礼服に着替え式場へ。

で、なかなかいい式であった。本来ならここでその様子を乗せるものだとは思うのだが、このページ自体じつは割と秘密裏に行っているので許可なくのせるわけにも行かずやめにした。
(モザイクをかけるというのも考えたのだが怪しさ120%になってしまうのでもし見つかったとき更に怒られそうなのでやめた。)

しかし、披露宴中ずーっと酒をのみまくっていたので頭がなんか痛い。といってるまもなく2次会である。またも飲みまくる。

なかなか盛り上がった2次会も終了。でろでろ状態である。といってるまもなく身内であつまって3次会である。
またものみまくる。

で、ふらふらになってタクシーで帰宅。昼から12時間。酒浸りの一日であった。


9月20日(日)

起きたのは1:30。さもありなん。

3:24発の「しらさぎ」に乗って名古屋に帰る。
明日からはまた沼津。
思わずため息が出る。


堕落日記Part2へ

目次ページへ